Read From XML - 23.1

spectrum-inline

Product type
ソフトウェア
Portfolio
Enrich
Integrate
Locate
Verify
Product family
Product
Spectrum > Spectrum Platform
Version
23.1
Language
日本語
Product name
Precisely Spectrum
Title
spectrum-inline
First publish date
2007
ft:lastEdition
2023-09-15
ft:lastPublication
2023-09-15T11:00:29.706946

Read from XML ステージでは、XML ファイルがジョブまたはサブフローに読み込まれます。ここでは、ファイルのパスとデータ フォーマット (XML スキーマとデータ要素の詳細など) が定義されます。

単純 XML 要素はフラット フィールドに変換され、次のステージに渡されます。単純 XML データは、データのみを含み、子要素を含まない XML 要素からなるレコードで構成されます。例えば、以下は単純 XML データ ファイルです。

<customers>     <customer>         <name>Sam</name>         <gender>M</gender>         <age>43</age>         <country>United States</country>     </customer>     <customer>         <name>Jeff</name>         <gender>M</gender>         <age>32</age>         <country>Canada</country>     </customer>     <customer>         <name>Mary</name>         <gender>F</gender>         <age>61</age>         <country>Australia</country>     </customer> </customers>

この例では、各レコードに <name><gender><age><country> などの単純な XML 要素が含まれています。子要素を含んでいる要素はありません。

大部分のステージではフラット形式のデータが必要とされるので、Read from XML ステージはこのような単純データを自動的にフラット化します。階層構造を保持する場合は、Read from XML ステージの後で Aggregator ステージを使用して、データを階層データに変換します。

複合 XML 要素は階層形式のままで、リスト フィールドとして渡されます多くのステージはフラット形式のデータを必要とするので、下流のステージでデータを使えるようにするために、複合 XML 要素のフラット化が必要になることがあります。詳細については、複合 XML 要素のフラット化を参照してください。

注: Read From XML は、XML タイプ xs:anyType および xs:anySimpleType をサポートしていません。

Read from XML のオプション

オプション名

説明

データ ファイル

XML データ ファイルへのパスを指定します。ファイル アイコンをクリックして、目的のファイルを特定します。

注: なお、Spectrum Technology Platform サーバを実行しているプラットフォームが Linux の場合、このプラットフォームではファイル名およびパスの大文字と小文字が区別されることに注意してください。

スキーマ ファイル

選択した XML データ ファイルのパスが表示されます。その他のファイルを選択する場合は、ファイル アイコンをクリックして必要な XML ファイルを特定します。この場合は、選択した XML ファイルの構造に基づいてスキーマが推定されます。

あるいは、スキーマ (XSD) ファイルを一覧から選択することもできます。XSD ファイルを選択すると、[スキーマに照らして検証] トグルが表示されます。選択したスキーマと照合して XML データ ファイルを検証するには、[はい] を選択します。

注: なお、Spectrum Technology Platform サーバを実行しているプラットフォームが Linux の場合、このプラットフォームではファイル名およびパスの大文字と小文字が区別されることに注意してください。
XPath 要素または属性の XPath 式が表示されます。これは専ら情報表示のためのものです。XPath の詳細については、こちらのページを参照してください。

プレビュー

スキーマまたは XML ファイルのプレビューを表示します。XSD ファイルを指定すると、選択した XSD がツリー構造に反映されます。スキーマ ファイルとデータ ファイルの両方を指定したら、スキーマ要素をクリックして、その要素に含まれるデータのプレビューを表示できます。

適用 ページの上部にあるこのボタンをクリックすると、ステージ設定が保存されます。